top of page
  • 執筆者の写真森智勝

モリモリ元気レポート[2] -つむぎクラブ掲載文より

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。


明けましておめでとうございます。いよいよ勝負の年を迎えました。私は中小塾にとって2005年は反攻の年と考えています。

塾業界は1997年から縮小均衡時代に入りました。すると2対8の法則(パレートの法則)により上位2割の大手塾が圧倒的な強さを発揮します。実際、ここ10年近くは大手塾の隆盛と中小塾の衰退の時代だったと言っても過言ではないでしょう。しかし、一方では売り手市場から買い手市場への転換という側面があります。言い換えると体力勝負から頭脳勝負への転換ということです。つまり、1人の頭脳が100人の頭脳に勝つことも可能なのです。第1期淘汰の時代を生き延びたあなたには、これから始まる本格的な淘汰時代を生き抜き発展する資格と責任があります。地元に根付いた中小塾が全国規模で展開する大手塾の対極に活き活きと存在することが地域社会の(少し大袈裟に言えば)日本の将来にとって必要不可欠だからです。

反転攻勢に出る前提として考えていただきたいのは「儲けることは悪ではない」ということです。中小塾経営者のほとんどは「教育者たる者、儲け主義に走るのは…」と思っています。しかし、資本主義は「お金を投票券とする民主主義」です。高い付加価値を有するところに「お金」は集まってきます。イチローが10億円以上の年棒を取っていることに誰も疑問を持つことはないはずです。提供するサービス(商品)の付加価値によって「利益」は決まるのです。それは「社会貢献」と同意語です。社会貢献度の高いサービス(商品)を提供することでのみ、あなたの社会的存在価値は生まれるのです。

よく聞く言葉に「大手は儲け主義だから…」というのがありますが、それは「社会貢献主義」というビジネスにとってごく当たり前のことです。本音と建前は離反するものではありません。表裏一体のものです。であるからこそ、あなたの「建前」を磨くことが重要になってくるのです。それは理念であり方針でありミッションであり…つまるところ思想哲学です。

21世紀のビジネス社会は思想哲学なくしては成立しないと覚悟してください。それが世に言う「物質文明から精神文明への転換の在り方」そのものの正体に他なりません。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

塾・新時代のマーケティング論(85) 「思い」を「形」で表すということ

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 4月、すべての学校、企業で新年度を迎えました。各塾でも春期募集が一段落し、新しい塾生を交えた教室運営に全力を挙げていることでしょう。ところが、そのスタートを狙い撃ちしたかのような報道がなされました。塾業界が常に抱えている著作権法違反の問題です。これまでも、教材を教室現場でコピーして生徒に渡すことが問題視

塾・新時代のマーケティング論(84) 新入社員のモチベーションを下げないために

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 桜・三月・散歩道…いよいよ新年度が始まります。今年度の合格実績も次々と明らかになり、春期の募集状況と合わせて、悲喜こもごもの毎日をお過ごしのことでしょう。  また、各塾では新しい社員を迎える時期でもあります。希望を胸に塾業界に飛び込んできた若者が、その理想と情熱を失うことなく、一生の仕事として従事され

塾・新時代のマーケティング論(83) 指導者は最後まで「勝つ」と言うべし!

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 努力を続けることで、目指す方向に大きく成長する瞬間をブレイク・ポイントと言います。子どもだけでなく、全ての人は小さなブレイク・ポイントを積み重ねて成長します。その先に「夢の実現」はあります。しかし、全ての人が夢を叶えられるかと言えば、そうではありません。夢を叶えることができるのは、ほんの一握りの「選ばれ

Comments


ホームページの改善に役立つ
チェックシートをプレゼント!

bottom of page