top of page
  • 加藤 邦彦

学習塾のランディングページ(LP)で必要な要素とは?

本来、ランディングページ(LP)は「検索サイトや広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのこと」と定義されていますが、一般的には「縦長の1ページで構成されたウェブページ」のことと認識されています。

この記事では、特に春期講習や夏期講習といった短期講習での塾生獲得を目的としたランディングページを作成する際のポイントをお伝えします。

なお、この記事はChatGPTの文章作成能力を活用して執筆しています。




学習塾におけるLPの役割

一般的にLPとは、ホームページ上で特定の目的(商品の購入や問い合わせなど)を達成するためのページです。

学習塾で言えば、資料請求やお問い合わせ、短期講習の申込などがこの目的にあたります。


LPの役割は、訴求力のあるコンテンツを通じて見込み客からリードを獲得することにあります。そのため、目的に応じて設計されたシンプルな構成が好まれ、キャッチコピーや商品・サービスのポイント、画像や動画、お問い合わせフォームなどが掲載されることが多いです。


LPはチラシやインターネット広告、キャンペーン(SNSなど)のリンク先として利用されることが一般的です。

前述の通り、学習塾においては春期講習や夏期講習といった短期講習での塾生獲得を目的とすることが多いです。


シンプルな構成のため、ホームページのように多種多様な情報を載せることには向いていませんが、訪問者にとっても学習塾にとっても存在意義がわかりやすい、といった特徴があります。




LPの構成案

下記のリストは一般的なLPの構成案です。

  1. キャッチコピー:学習塾や強みや短期講習のメリットを簡潔に伝えるキャッチコピーを用意することで、ユーザーの興味を引きつけます。

  2. お問い合わせ/お申し込みフォーム:簡単にお問い合わせやお申し込みができるフォームを設置することで、保護者のアクションを促すことができます。

  3. 特徴や強みの紹介:キャッチコピーに書いた内容を具体的に掘り下げるコンテンツを用意することで、ユーザーに対して魅力を伝えることができます。

  4. 事例や実績:過去の生徒の成績や受験合格実績などを紹介することで、学習塾の信頼性を高めることができます。

「特徴や強みの紹介」「事例や実績」の欄には、文章だけでなく画像や動画を掲載して貴塾の魅力を視覚的に訴えていきましょう。

LPの性格上、訪問者(保護者)はチラシやインターネット広告を経由してアクセスをしているケースがほとんどですので、チラシと同じ内容を載せていても訪問者をがっかりさせるだけです。

チラシと違って紙面の制約を(ほぼ)受けないLPの特性を活かして、画像や動画をふんだんに盛り込みましょう。


また、昨今の事例ではファーストビュー(LPの一番上)に「お問い合わせ/お申し込みフォーム」を設置することの有効性が注目されています。

上記の通り、ほとんどの訪問者はチラシなどを経由してLPにアクセスしています。

そのような訪問者は、「講習の内容は既に把握済み」「お申し込みをする気マンマン」でLPにアクセスをしているケースも多いです。

「すぐにお申し込みをしたいのに、延々ととスクロールしないと申し込みフォームが出てこない...」という状態ではヤル気が削がれてしまいますよね。

「アクセスをしたらすぐにお申し込みできる」という構成にしておくことが申し込み率アップにつながります。




訪問者(保護者)を想像する

これはLPに限らずホームページやチラシでも同じですが、訪問者(保護者)について想像を巡らすことはとても重要です。

なぜなら「保護者の悩み」が「自塾の強み」とマッチしたときにお問い合わせやお申し込みを得られる可能性が最大化するからです。


同様に訪問者の環境についても、少し想像をすることをオススメします。

チラシに載せたQRコードからのアクセスであれば、スマートフォンの画面サイズに対応したレスポンシブウェブデザインのLPの方が見やすいです。

通勤途中の電車の中からアクセスをしていて音をミュートにしている保護者なら、動画にテロップが付いていた方がありがたいです。

我が子の情報をフォームに入力する際には、情報が漏洩しないか気にかけるでしょう。

夫婦間や親子間で共有がしやすいように「LINEで送る」ボタンを付けておくのも良いアイデアですね。



是非、効果的なLPを用意して短期講習の生徒募集に役立ててください。

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示

Komentáře


ホームページの改善に役立つ
チェックシートをプレゼント!

bottom of page