top of page
  • 加藤 邦彦

学習塾におけるAIチャットの活用方法

引き続きAIチャットの話題が盛り上がっています。


宿題を解かせたり論文を書かせたり、といったちょっとズルい利用方法が目立っていますので、AIチャットに対してあまりいい印象を持っていない塾人もいるかと思いますが、AIの存在意義と学習塾における活用方法について考えてみました。




AIは副操縦士


先日、NHKのラジオ番組「子ども科学電話相談」で久留飛克明先生が以下のような話をされていました。

AIは答えを見つけるのは得意や。ところがな、問題を見つけるのは苦手みたいや。

物事を観察してそこから課題や問題を導き出す能力には乏しい、ということですね。 (もちろん「現時点においては」という注釈が付きますが)


また、Microsoftのブラウザ「Bing*」の紹介ページには、「AIを利用したWeb向けcopilot」と記載されています。

「copilot」は「副操縦士」という意味ですから、主役はあくまで人間でAIはサポート役であるという位置づけです。

*次世代のBingにはChatGPTを開発したOpenAI社のAI技術が利用される予定です。



学習塾の運営においても、AIをうまく活用して副操縦士のようにサポートしてもらうことで、塾人は人間にしかできない仕事(授業、塾生や保護者とのコミュニケーション、塾運営、意思決定etc)により注力することができると考えます。


特に少人数で切り盛りしている学習塾こそ、AIの活用をおすすめしたいと思っています。




活用方法のアイデア


AIの活用方法として、学習塾の運営に役立ちそうなケースをいくつか試してみました。

※OpenAI社のChatGPTを利用しています。



・レジュメの作成や授業用の補足資料




・学習計画表やアルバイトシフト表の作成

少しおかしな部分がありますね...。




・研修用資料の作成




・チラシやパンフレットに使用するキャッチコピーのアイデア




・年間行事(イベント)アイデア出し


以下7月以降も続いています。

さらに続けて壁打ちを行いました。



いかがでしたでしょうか?

「丸投げで全部うまくできる」というレベルには達していませんが、上手に使えば授業の準備や事務などの業務にかかっている時間を短縮できるのではないかと感じました。




全国学習塾援護会の森先生のメルマガでも紹介されていましたが、ダーウィンの格言に以下のようなものがあります。


最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。 唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である

AIの台頭は世界に大きな変化をもたらしつつあります。

この大きな変化の波に呑み込まれないように、しっかりと乗りこなしていきたいものです。

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

塾・新時代のマーケティング論(85) 「思い」を「形」で表すということ

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 4月、すべての学校、企業で新年度を迎えました。各塾でも春期募集が一段落し、新しい塾生を交えた教室運営に全力を挙げていることでしょう。ところが、そのスタートを狙い撃ちしたかのような報道がなされました。塾業界が常に抱えている著作権法違反の問題です。これまでも、教材を教室現場でコピーして生徒に渡すことが問題視

塾・新時代のマーケティング論(84) 新入社員のモチベーションを下げないために

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 桜・三月・散歩道…いよいよ新年度が始まります。今年度の合格実績も次々と明らかになり、春期の募集状況と合わせて、悲喜こもごもの毎日をお過ごしのことでしょう。  また、各塾では新しい社員を迎える時期でもあります。希望を胸に塾業界に飛び込んできた若者が、その理想と情熱を失うことなく、一生の仕事として従事され

塾・新時代のマーケティング論(83) 指導者は最後まで「勝つ」と言うべし!

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 努力を続けることで、目指す方向に大きく成長する瞬間をブレイク・ポイントと言います。子どもだけでなく、全ての人は小さなブレイク・ポイントを積み重ねて成長します。その先に「夢の実現」はあります。しかし、全ての人が夢を叶えられるかと言えば、そうではありません。夢を叶えることができるのは、ほんの一握りの「選ばれ

Comentários


ホームページの改善に役立つ
チェックシートをプレゼント!

bottom of page