top of page
  • 加藤 邦彦

使わないともったいない!Googleビジネスプロフィール

Googleで塾に関する情報を検索をすると地図付きで塾の情報が出てきますが、この情報を管理できるのがGoogleビジネスプロフィール(以下ビジネスプロフィール)です。



上の画像のような地図付きの情報は、塾のように実店舗があり商圏とのかかわりが強いビジネスにとって非常に重要です。

塾業界においても、FCを含む大手塾を中心に活用するケースが目立ってきました。


ただ、塾サイトプロとしては個人塾こそ積極的に使ってほしい、むしろ使わないなんてもったいない!と考えています。


機能面を中心に紹介しますので、使ったことがない塾はもちろん、既に使っているよという塾も参考にしてもらえればと思います。



塾の基本情報を掲載できる

下記の基本的な情報の掲載・管理ができます。

  • 塾名

  • 住所

  • 電話番号

  • 営業時間

  • HPのアドレス

特に学習塾はちょっと特殊な営業時間になることが多いと思いますので、お問い合わせをしたい保護者にとっては役に立ちます。

また、祝日や長期休暇等、臨時で営業時間が変わる場合も簡単に変更することができます。



塾のアピールができる

自塾のアピールにつながる情報が掲載・管理ができます。

  • 自塾についての説明文

  • 教室の写真

  • 提供しているサービス(コースなど)

  • 夏期講習などのキャンペーン

  • クーポン

  • 最新情報(お知らせ)

自塾のHPにブログ等の機能が無い場合、代替手段として活用できます。


また、HPで上記のような情報を発信している塾においても、保護者にとってはビジネスプロフィールからHPに移動する手間が省ける、というメリットを提供できるので活用する価値があります。



保護者や塾生とコミュニケーションがとれる

下記のように保護者や塾生とコミュニケーションをとる機能があります。

  • クチコミ

  • ダイレクトメッセージ

  • よくある質問

クチコミについては第三者(保護者や塾生)に簡単に依頼できるようにもなっています。

高評価のクチコミは非常に大きい効果が得られるので、うまく活用したい機能です。



アクセス解析ができる

下記のようなアクセスデータを取得できる機能があります。

  • ビジネスプロフィールが閲覧された回数

  • ユーザーが検索時に利用したキーワード

  • HPへのリンクや電話を発信した回数

検索キーワードから、新しいマーケティング戦略が思いつくかもしれません。



無料

ここまで紹介してきた機能が全て無料で利用できます。

もし、同等の機能を持つホームページの作成を業者に依頼すると、コストとして数十万円はかかることでしょう。

コストの点だけで考えても、使わないなんてもったいない!と感じます。


もちろん自由に制作できるHPと比較すれば、デザインなどの面で物足りなく感じる部分もあります。ただ、裏を返せば大手塾でも個人塾でも同じフォーマットなので、見た目上の差別化ができない、とも言えます。

掲載する情報の中身で勝負できる、という点は大手塾よりも個人塾にとって有利に働くのではないでしょうか。


まだビジネスプロフィールを作成していない塾、作成していてもあまり運用していない塾がありましたら、是非積極的な活用を検討してみてください。



なお、Googleビジネスプロフィールへの登録方法について、過去に記事を書いたことがあります。よろしければ併せてご参照ください。

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

塾・新時代のマーケティング論(85) 「思い」を「形」で表すということ

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 4月、すべての学校、企業で新年度を迎えました。各塾でも春期募集が一段落し、新しい塾生を交えた教室運営に全力を挙げていることでしょう。ところが、そのスタートを狙い撃ちしたかのような報道がなされました。塾業界が常に抱えている著作権法違反の問題です。これまでも、教材を教室現場でコピーして生徒に渡すことが問題視

塾・新時代のマーケティング論(84) 新入社員のモチベーションを下げないために

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 桜・三月・散歩道…いよいよ新年度が始まります。今年度の合格実績も次々と明らかになり、春期の募集状況と合わせて、悲喜こもごもの毎日をお過ごしのことでしょう。  また、各塾では新しい社員を迎える時期でもあります。希望を胸に塾業界に飛び込んできた若者が、その理想と情熱を失うことなく、一生の仕事として従事され

塾・新時代のマーケティング論(83) 指導者は最後まで「勝つ」と言うべし!

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 努力を続けることで、目指す方向に大きく成長する瞬間をブレイク・ポイントと言います。子どもだけでなく、全ての人は小さなブレイク・ポイントを積み重ねて成長します。その先に「夢の実現」はあります。しかし、全ての人が夢を叶えられるかと言えば、そうではありません。夢を叶えることができるのは、ほんの一握りの「選ばれ

Opmerkingen


ホームページの改善に役立つ
チェックシートをプレゼント!

bottom of page