top of page
  • 加藤 邦彦

「Googleビジネスプロフィール」への登録方法

更新日:2023年2月11日

地元密着型ビジネスのインターネットマーケティングにおいて今や最重要施策のひとつとなりつつあり、飲食店や美容院等においては半ば当然のものとして利用されている「Googleビジネスプロフィール(旧称:マイビジネス)」ですが、個人塾においてはまだまだ活用されていないケースが多いと感じます。


まだ登録をしていない学習塾は下記の手順を参考に、登録を検討されることを強くお勧めします。


「Googleビジネスプロフィール」登録のステップ


「Googleビジネスプロフィール」は以下のURLから登録できます。 https://www.google.co.jp/business/


1.塾名を検索

ビジネスプロフィールを作成した覚えが無くても、Googleが自動的に作成している場合があります。その場合は塾名で検索した後に出てくる選択肢から自塾を選び、「管理を開始」をクリックしてください。



2.塾名とカテゴリを登録

現状ではカテゴリで「塾」や「学習塾」を選ぶことができないため、「予備校」を選ぶ塾が多いようです。



3.教室があるかどうかの選択



4.住所を登録


5.出張等を行っているかどうかの選択

家庭教師やオンライン授業を行っている塾は「はい」を選んでください。



6.電話番号とホームぺージのアドレスを登録


7.オーナー確認をする

情報の正確性を担保して、なりすましを防止するためにGoogleによるオーナー確認が必要です。

オーナ確認の方法として、電話、テキストメッセージ(SMS)、メール、動画のアップロード、ビデオ通話、ハガキなどの方法が用意されています。




基本的には流れに沿って必要な情報を入力していけば良いので、特に難しいことはないと思います。

是非一度チャレンジしてみてください。


なお、どうしても登録が難しい場合にはGoogleビジネスプロフィールの登録代行を承っております。よろしければご利用ください。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

塾・新時代のマーケティング論(85) 「思い」を「形」で表すということ

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 4月、すべての学校、企業で新年度を迎えました。各塾でも春期募集が一段落し、新しい塾生を交えた教室運営に全力を挙げていることでしょう。ところが、そのスタートを狙い撃ちしたかのような報道がなされました。塾業界が常に抱えている著作権法違反の問題です。これまでも、教材を教室現場でコピーして生徒に渡すことが問題視

塾・新時代のマーケティング論(84) 新入社員のモチベーションを下げないために

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 桜・三月・散歩道…いよいよ新年度が始まります。今年度の合格実績も次々と明らかになり、春期の募集状況と合わせて、悲喜こもごもの毎日をお過ごしのことでしょう。  また、各塾では新しい社員を迎える時期でもあります。希望を胸に塾業界に飛び込んできた若者が、その理想と情熱を失うことなく、一生の仕事として従事され

塾・新時代のマーケティング論(83) 指導者は最後まで「勝つ」と言うべし!

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 努力を続けることで、目指す方向に大きく成長する瞬間をブレイク・ポイントと言います。子どもだけでなく、全ての人は小さなブレイク・ポイントを積み重ねて成長します。その先に「夢の実現」はあります。しかし、全ての人が夢を叶えられるかと言えば、そうではありません。夢を叶えることができるのは、ほんの一握りの「選ばれ

Kommentare


ホームページの改善に役立つ
チェックシートをプレゼント!

bottom of page