top of page
  • 加藤 邦彦

今から始める春の生徒募集

学習塾にとって1年間の趨勢を決めるといっても過言ではない春の生徒募集。「まだ少し先のこと」と考えていませんか?夏期講習が終わり比較的時間と心に余裕のある今だからこそ準備できることがあります。

そのひとつがウェブマーケティングへの取り組みです。

2021年にテラコヤプラスが調査した結果によると、「学習塾を選ぶ際や検討する際に何を参考にしていますか?」という質問に対して、「インターネット」と回答した保護者が約45%で最大となり、2位の「親同士の口コミ」(約36%)や3位の「チラシ」(約31%)を上回りました。


また、「らくらく連絡網」を運営する株式会社イオレが2019年に行ったアンケート調査では「現在通っている塾を決める際に、他の塾と比較をしましたか」という質問に対し約63%の保護者が「1か所以上と比較をした」と答えています。


上記の「インターネット」には学習塾比較サイトやGoogleビジネスプロフィール、クチコミサイトなども含まれると思われます。しかし、何といっても基本となるのは自塾のホームページでしょう。

そのホームページですが、何年も同じ写真・同じ情報を載せたままになっていないでしょうか?せっかくチラシや紹介で貴塾に興味を持ってもらっても、インターネットで比較をしたことでライバル塾に塾生候補が流れてしまう状況は非常にもったいないと感じます。


ところで、経済産業省の「平成30年 特定サービス産業実態調査」によると、全国の学習塾のうち約58.1%が年間売上1,000万円未満で、年間売上高が1~3千万円の割合は約23.9%、3千万円~1億円の割合は14.1%、1億円以上の割合は3.9%だそうです。


この年間売上高の違いに大きく影響しているのが、年間の新規入塾生徒数の差です。

つまり、新規の入塾生徒数を毎年しっかり確保できているかどうかが、塾の経営状態を左右していると言えます。そして、ご承知の通り1年のうちで最も入塾生徒数を増やすことができるのが春期募集なのです。


2023年のスタートダッシュを決めるために、この機会にウェブマーケティングの強化に取り組んでみてはいかがでしょうか?

貴塾にとって2023年春が飛躍のターニングポイントとなることを願っています。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

塾・新時代のマーケティング論(85) 「思い」を「形」で表すということ

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 4月、すべての学校、企業で新年度を迎えました。各塾でも春期募集が一段落し、新しい塾生を交えた教室運営に全力を挙げていることでしょう。ところが、そのスタートを狙い撃ちしたかのような報道がなされました。塾業界が常に抱えている著作権法違反の問題です。これまでも、教材を教室現場でコピーして生徒に渡すことが問題視

塾・新時代のマーケティング論(84) 新入社員のモチベーションを下げないために

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 桜・三月・散歩道…いよいよ新年度が始まります。今年度の合格実績も次々と明らかになり、春期の募集状況と合わせて、悲喜こもごもの毎日をお過ごしのことでしょう。  また、各塾では新しい社員を迎える時期でもあります。希望を胸に塾業界に飛び込んできた若者が、その理想と情熱を失うことなく、一生の仕事として従事され

塾・新時代のマーケティング論(83) 指導者は最後まで「勝つ」と言うべし!

この記事は塾生獲得実践会の森智勝氏のご厚意により、全国学習塾援護会のHPから転載したものです。 努力を続けることで、目指す方向に大きく成長する瞬間をブレイク・ポイントと言います。子どもだけでなく、全ての人は小さなブレイク・ポイントを積み重ねて成長します。その先に「夢の実現」はあります。しかし、全ての人が夢を叶えられるかと言えば、そうではありません。夢を叶えることができるのは、ほんの一握りの「選ばれ

Comentários


ホームページの改善に役立つ
チェックシートをプレゼント!

bottom of page